over35からのベビ待ち

over35から始めた、妊活ついての記録です。

ベビーとの生活をして思うこと

3月に出産をし、現在は絶賛子育て中です。

待望の赤ちゃんとの生活は幸せで幸せで♪

ベビ待ち中だったときに赤ちゃんを連れた人を見てうらやましかったことを思い出し、今の生活のありがたさを日々噛み締めています。

もちろん、赤ちゃんができたことで生活は一変し戸惑うこともありますが、ベビ待ち中の焦燥感や不安に比べれば幸せな悩みです。

 

最近、同年代の友達の結婚が2件、立て続けに決まりました。

「おめでとう」「どんな相手?」「式の予定は?」なんていう話題に加えて、子どもを授かるかどうかという話にもなりました。

二人とも「できれば子どもは欲しいけど、年齢を考えると子どものいない人生もありうると考えている」と話していました。

排卵検査薬って実際使ってみてどうなのとか、検査ってどんなことしたなんて話もしました。

over35だからこそ、すぐにこんな突っ込んだ話ができるのかもしれません。

 

また、先日実家を訪ねたときに、授からないことが原因で離婚する息子夫婦や、二人目ができなくて追い詰められたお嫁さんをもつ母の友人の話を聞きました。

近い家族は誰もプレッシャーをかけていないのに、苦しみが募っていってしまったらしいのです。

夫や親から何も言わなくても、親戚、職場の人、たまたまその場で話すことになった人から悪意なく軽い気持ちで「お子さんは?」「そろそろ二人目?」と言われることってとても多いだろうと思います。

けれど、近しくない他者からの言葉は、そんなもの気にしなくていいとわかっていてもボディブローのように効いてくるものです。 

子どもがいるいないの話を「今年の夏は暑くなるみたいですよ」と同じぐらいの感覚でしないで欲しいと思います。

「お子さんは?」っていう質問は、年収や体重を聞くのと同じかそれよりももっとつっこんだ話題でしょう!と思います。

 

結婚して子どもがいてっていう生き方が全てじゃない。

既婚でも未婚でも、子どもがいてもいなくても、どんなライフスタイルでも有りだよねっていう文化に日本がなればいいなと思います。

いわゆる「普通」という感覚がなくなるぐらい多様性が根付くといいと思います。

 

 

このブログはしばらくお休みをしたいと思います。

読んでくださっていた方、本当にありがとうございます。

二人目をと考えたときに、また再開するかもしれません。

 

 

子育てブログを始めましたので、ご縁があればこちらをお読みいただければ幸いです😊

ikj.hatenablog.com